Googleマップの利用範囲について

Googleマップの利用範囲について

Googleマップ

 

インターネットで地図を検索する際、一度はGoogleマップを利用した事があるのではないでしょうか。

地図だけではなく、ルート・施設検索、航空写真、ストリートビューなど様々なサービスがあります。
マップ上に情報が掲載され、行きたいお店の情報も、簡単に知る事ができる様になりました。

Googleマップは誰でも無料で利用できますが、その仕組みはどうなっているのか、無制限に利用しても良いのでしょうか。
今回は、そんなGoogleマップの利用について紹介させていただきます。

 

Googleマップは無料

Googleマップを利用する際、お金を払った事がありますか。
マップだけでなく、Google社が提供するサービスを利用して、お金を払った人はほとんどいないと思います。

インターネットやナビゲーションが普及する以前は、よく地図を購入していました。
それが最近では、パソコンやスマホから行きたい場所の情報やルートまで、最新の情報を検索することができます。

Google社が無料でこのサービスを提供しているのは、スポンサーによる公告収入があるからです。
例えば、テレビ放送は概ね無料で視聴できますが、番組にスポンサーがいてCMを流します。
Google社も同じで、広告収入が主な収入源なのです。

企業などがGoogleマップを利用してサービスを提供しようとする際、Googleにお金を払う仕組みです。
つまり、営利目的で利用する場合には、お金が掛かるのです。

 

ウェブサイトでの利用

それでは、自社のウェブサイト上に、Googleマップを埋め込む場合はどうでしょうか。
次の様な条件がありますが、無料で利用することができます。

スクリーンショットをアップロードするのではなく、対象コンテンツを埋め込むこと。
Googleマップの使用許諾に、「Googleおよびその供給事業者の権利帰属表示を付けなければなりません。」とあります。
また、リンクを貼り付けることにより、最新の地図が表示されます。

詳しくは、Google マップ、Google Earth、ストリートビューの使用をご覧ください。

他には、一般向けの無料公開ページで、モバイルアプリではないという点に注意が必要です。
ウェブサイトでも会員制などの商利用の場合や、一定の利用量を超えると有料になります。
モバイルアプリとは、スマホやタブレット用のアプリケーションのことです。

2018年6月11日よりGoogle Maps Platformの提供に伴い、システムが変更になりました。
新しい料金体系は、2018年7月16日以降に適用になるようです。
Googleの料金プランは、複雑でわかり難いと思いました。

詳しくは、Google Maps Platformの料金プランをご覧ください。

 

埋め込みコードの取得

サイトへ埋め込むには、次の手順でGoogleマップからHTMLを取得します。
取得手順は次の通りです。

Googleマップを開き、地図で表示させたい施設を検索します。
選択した施設の上に、赤いピンが表示されます。
また、地図上の施設をクリックしても、赤いピンが立ちます。
左側に表示される情報の中から「共有」をクリックしてください。

Googleマップ 盛岡駅

 

共有メニューがポップアップ表示されるので、「地図を埋め込む」タブをクリックします。

Googleマップ 共有

 

続けて、「HTMLをコピー」をクリックします。
コピーしたHTMLを、Googleマップを表示させたいサイトに貼り付けてください。

Googleマップ 埋め込みコード

 

印刷物への利用

Googleマップを印刷や画像などでコピーし、他媒体へ利用することは原則禁止されています。

Googleマップの下部分には、データプロバイダ(Google)と著作権情報が表示されています。
日本の場合、ZENRIN(ゼンリン)が地図を提供しているので、著作権はこちらにあります。
データプロバイダ(サービスの提供者)であるGoogleが、地図の使用許可を出すことはできないと考えられます。

Googleマップ データプロバイダ

 

また、Googleの使用許諾には、次のようにあります。

印刷物での使用
Google マップと Google Earth には印刷機能が備わっています。商業目的でなければ Google のコンテンツを印刷し、拡大する(地図に道順を表示するなど)ことができます。Google のコンテンツを含む印刷物を配布する場合は、最初に、上記の一般的なガイドラインをお読みください。
使用可能・・・・・書籍、定期刊行物、レポートとプレゼンテーション
使用不可能・・・・ガイドブック、物品、印刷広告

引用元:使用許諾-Google

使用許諾に書いてあるのは、Googleマップの印刷機能を使って印刷した場合です。
これを社内資料や案内図などに利用することができます。

初めにも説明しましたが、画像などでコピーしての利用は禁止されています。
パソコンのスクリーンショット機能を使って、他媒体へのデータ利用をしない様に注意しないといけません。
Googleマップの画像データを切り取ったり、加工したりするのもNGです!

 

まとめ

無料で利用することができるGoogleマップですが、調べてみると詳細な規約や利用制限などがあり、注意しないといけない事がわかりました。
ウェブサイトにコードを埋め込んで利用する場合、アクセス数の制限はありますが、これまでと同じく無料で利用できるみたいです。

また、ウェブ配信の地図サービスは、他にも様々あります。
Yahoo!地図はアクセス数制限がある点や、編集加工不可など、Googleマップと同じ様な制限があります。
他にはOpenStreetMapというサービスもありますが、こちらは商利用も可能なので、気になる方は調べてみてください!

その他カテゴリの最新記事