Google Street View

Google Street View撮影

ストリートビューはランニングコスト0円!

月々の料金はかかりませんから、導入のハードルが低い!
ユーザーにビジネスの雰囲気をリアルに伝えられる、最新のコンテンツです。

ストリートビューの効果

あなたのビジネスも様々シーンで見られるように

ストリートビューは様々なデバイスからアクセス可能です。

どこでも見られるストリートビュー

ランニングコストがかからない「広告」としての役割

ユーザーは無料で気軽にストリートビューを見ることができます。
スマホの普及により、街中ではお店の検索・行き先検索でGoogleマップ等を 利用するシーンが大幅に増えました。
Wi-Fiの整備や携帯通信の高速化でさらに快適に閲覧可能になり、 外出先での利用頻度が年々伸びております。
このサービスを使わない手はありません。

基本的な撮影ポイント事例

ストリートビューにはGoogleの定めた撮影基準があります。

ストリートビューの基本的な撮影ポイント

ストリートビューは撮影クオリティーに差があります!

Googleの決めた撮影公開基準がありますが、制作会社によって クオリティーに違いがあります。認定を受けていても同一ではありません。

認定を受けたプロが訪問して撮影

 Googleストリートビュー認定フォトグラファーが訪問して撮影いたします。フットワークの良さ、フォローを維持するため、当社は敢えて撮影対応地域を限定しています。 オーナー様のご希望を踏まえ、経験を活かしたアドバイスを行いながら撮影いたします。

永く公開して欲しい、だからクオリティは高く

Googleの基準には幅があり、クオリティにも差が出てしまいます。1ショットで撮影するカメラで安価な撮影も可能ですが、当社は一眼レフで12ショット撮影した画像をパノラマに仕上げます(HDR処理)。解像度も高く、1ショットカメラと比較して表示面積で4倍程度の違いがあります。

ストリートビューのクオリティ

MEO(map検索エンジン最適化)にも効果

ストリートビューは、最近重要視されている、MEO対策としても効果があると言われています。
MEO対策にはかかせないGoogleマイビジネスの登録も併せて、おすすめしております。

※Googleストリートビュー認定フォトグラファーは、まだリスティングがないビジネス オーナーに対してビジネスリスティングの作成とオーナー確認の手続きをサポートできることになっています。

専用アプリの必要なし、自社ホームページなしで公開できる! 月額費用もかからずに、ずっと公開できる!

読み取りコードひとつで 360°パノラマを公開

読み取りコード入りの名刺や ショップカード等から、 ストリートビューをご覧 いただけます。

読み取りコードひとつでアクセス可能

ストリートビュー導入事例